1年のうち、春や秋は引っ越し

1年のうち、春や秋は引っ越しが多い季節です。
これは、大学入学や就職・転職といった出来事が多いことが要因でしょう。
引っ越しは大変面倒臭いものだとよく聞くのですが、どうやら手続きがややこしいという点が不満だそうです。例えば、電気や水道、市役所など、元の土地でも引っ越し先の土地でも行わなければならない手続きが重なっていますから、焦らない為にも計画的な作業が必要になるわけです。

私はこの町で仕事に就いたため、およそ10年前にこのアパートに引っ越したのです。引っ越してきたときは、3年くらいで実家の近くに転職したかったので住民票の移動をしないでおきました。そんな中でも、仕事は予想していたよりも楽しく、町も気に入って思ったより長居してしまい、この土地で結婚しても良いかと思うようになり、実家よりもこちらの方が税金も安いようで、これから住所変更しても悪くないかと思っています。
近いうちに引越しを行うことになりました。
住所を変更するのに伴い、車庫証明も取り直す必要があるらしいです。
実家に暮らしていた時には、こういう面倒な手続きは全て父がやっていました。それでも、父は面倒くさいといったことや、大変だといったこととか一度も口に出したことはない気がします。
やはりお父さんというのは偉大なのですね。就職して、通勤に便利なところでいよいよ一人で暮らし始めようとした時のことですが、部屋に持ってくる荷物が少なくて、普通の宅配便(クロネコでした)を使って引っ越しを済ませることにしたのです。ダンボールに詰めてみたら、10個にもならなかった程の荷物量だったので、レンタルトラックを使ったりするよりずっとずっと安かったです。布団とか、ちょっとした家具とかはもう後から新しく買うことにしていましたからこうした方法での引っ越しも、可能だったのでしょう。引越し時のちょっとしたコツとは、新居の間取りを念頭において、荷造りを行っていくというものです。
ダンボールなどに荷物を入れていく時に、この荷物をどの部屋に収納するのかを決めて、ダンボールにメモしておくと新居に到着してから無駄な労力を減らせます。
その他、手続きを行う必要があるものは計画的に行うと良いです。
引っ越しの時、エアコンに関しては手間とお金が掛かり勝ちです。
ですがもしも、引っ越し前の家が賃貸であるなら、管理人や管理会社の担当者に対して部屋のエアコンを、設置したまま残していくことが可能かどうか一度尋ねてみましょう。
部屋の管理をする側としては、エアコン付の物件を次の入居者に用意できるわけですし、あまりに古い型だったりしなければ、要望が通ることも有り得るのです。
エアコンを元の家に残していけるということはエアコンの取り外しにかかる費用を、使わなくてよくなりますから、その分、少し節約できるかもしれません。
様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。それらのうち、特に重要視されるものは免許証を筆頭に、自動車にまつわる諸々の書類があります。
免許証は、登録してある住所を変更してもらうのですが本人確認書類としても使えるのが運転免許証ですし、誰もが大体すぐに、ちゃんと手続きをされるようです。しかし、車庫証明の登録をし直すことを、うっかり忘れる人は多いのです。
車庫証明も、警察署で登録し直しはできるのですから、免許証と一緒に手続きをしておけば一石二鳥です。引っ越しで、荷物をまとめる際、どうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。
まずは上手な包み方を心がけてください。ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、紙の中央に底面を置き、一個ずつ包んでいきます。新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うとクッションとしての役割がより高まります。
それから、持ち手のついた食器類などあれば、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。就職や転勤、あるいは一人暮らしを始めるなどで新しい住居が決まったら、次はぜひ簡単に、片付け始めから、終わりの目途がつくまでの、予定を立てておくと良いでしょう。
新居に運ぶ荷物の梱包などを、あまりにも早々にスタートさせると生活を送るのに不便を感じるようになりそうですし、反対にゆっくりしすぎていると、時間がどんどん過ぎて後から忙しくなってしまいます。
こういった際は、今の生活で必須ではない、季節の衣類や本などからパッケージしていけば作業を段取り良く進められます。
やっと、マイホームの購入をすることにになりました。でも、そういった不動産の売買契約時には印鑑登録された実印が必要、ということをまったく知らずにおりました。
登録は一応していました。
親が代わりにやっておいてくれました。
しかし、今度買う家がそれまでと違う市になりますので、引っ越し先の市役所とか出張所にてまた登録をしておかなければならないのです。なので、急に登録に行かないといけなかったですから当時は結構うろたえました。

1年のうち、春や秋は引っ越し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です